FX 10万円から3年で億トレーダー

FXで資金20万円から3年間で1億円にするまでの記録.

2017/8/14monに資金を10万円にリセットし開始,2017/10/9に資金を20万円に変更。日々のトレードの結果を記録する。
予想はあくまで個人の予想なので利用は自己責任でお願いします。

ポンドはホントに辞める。ついでにスイスフランも

安値更新で完全に下かと思ったら50ピップス以上の上下運動の繰り返し。


安値掴みをして身動きが取れない状態。ただ、チャートを見るとMA等も下を指しているので、来週まで放置します。


今週はいろいろとやらかしてしまい。資金をマイ転させてしまって最後にポン円で含み損


なかなかきついですが、流れが下の中でのショートポジの損切りは無意味になるのが分かっているのでやりません。含み損抱えていればエントリーできないからある意味いいかもしれない。本当のチャンス通貨が来たら、損切りして全力betしていきます。


それまでは無駄エントリーを避けるために含み損を耐えます。


MAがチャネルに被ってきて値を抑えてからの下落を予想しています。ドル円もチャート的には下方向なので、ドル円につられてポン円も下落するでしょう。


ポンドがらみは今まで良い思いをしたためしがなく、嫌だったんですが見たときにチャンスになっているように見えることが多くエントリーしてしまいますが、予期せぬ動きをチョイチョイ挟むし、スプレットはかなり大きく開くしでいいことがないので、ホントにこのポジションが解消されたらポンド関連のチャートは閉じて開かないようにします。ついでにスイスフランもスプレットが馬鹿みたいに開くのでなしにします。



さよなら、スイスフラン関連・ポンド関連(ポンド円以外)


そのうちさよなら、ポンド円

チャートから見るとドル円は105円に向かう・・・かも

今のドル円はラス押しを抜いてネックラインへ戻りをつけて下方向に行ってますな。ということは今は三波だと考えられてフィボを当ててみても61.8%で反応しています。一波の値幅を☆のところに平行移動すると、上の図のここ4週間分の安値を結んだラインとドンピシャにぶつかるんですよね。


チャートパターンからしか見ない僕にしてみると、思わずマジかと声が出る一致でしたわ。ここからは底値掴みになる可能性もあるので乗りませんが、ライン反発の上昇波パターンを見て取っていきたいと思います。


これがチャート通りに素直に行ってくれるとチャートをもっと信頼できるんですがね。。。


ルールがまだまだ甘すぎたので再改定

ルールが甘すぎてルールに沿ったエントリーがことごとくストップにかかってしまったので、成功例を使ってるルールの再改定をしました。


これをデスクトップ画面に張り付けて常に見るようにしました。


これだと青い上矢印からのエントリーが正しいのですが、この成功例だけを見てもほとんど意識していなかったことに気づくことが出来ました。


前のルールは抜けの抜け地点からのエントリーとほかのMAなどのなんとなくのからみで判断していましたが、改めて文章にするとはっきりしますな。


来週はこれに沿ったところでしかやらないようにし、ロットを上げてチャレンジします。
このチャートはポンド円なんですが、月曜日エントリーの火曜日決済ノーストレスで150ピップス以上となっていて夢があります。


しかも値幅は完璧に改定後のルールで定めた方法でとるとドンピシャで、逆に怖くなるくらいチャートは素直に動いていました。


今週はいろいろと迷いましたが、それはルール設定の甘さが負けと迷いの原因だったと思います。余計なことはせずにルールに沿ったエントリー、イグジットを忠実にやればいいだけですな。


ほかの通貨もこのルールで見て見て検証し、またいくつか例として挙げようと思います。

小さく見ての失敗。(ポンド円)

〇のラインブレイクを見て戻りを待って矢印からロングエントリーしました。大きく見ると高値更新しているので上方向であっているんですが、もう一つ考えないといけないものがありました。ロング目線で大事なトレンドライン。エントリーした時はただただルールのエントリーポイントだからでロングですが、トレンドラインまでの寄りを待たなくてはいけない。ルールに追加ですな。トレンドラインの寄りまで待ってそれでも抜け地点から上昇しない場合、今回のようにラインを上下するような場合はエントリーを避けることができますな。


それで1のトレンドラインを結局割れてしまったので、今度はロングではなくショート目線にならなくてはいけない。そしたら下矢印のところはルール通りのポイントになっているのでエントリーできる。ポンド円で損をしてしまったら後はその通貨は見ないようになってしまって、チャンスを逃してしまった。以前にも同じことで後悔してブログに書いたんだけど、成長していなかった・・・。


1のトレンドライン抜けて2のトレンドラインに反応して、上昇しているのでなかなか矢印のポイントからショートはできないと思うけど、MAも割っているのでルール通りやれば獲れる形だな。


まぁ、後悔はこの辺にして次はトレンドライン2を抜けた後の戻りを狙う。今週中の動きになるかは分からないけどしっかり狙いたいですな。

大きい足を見ないと危ない

ユーロドル5Mです。矢印のラインがエントリーポイントです。ラインでひげを出して二度反発しているのが分かります。正直この反応の仕方はあまり良くないですな。しかし、ルールに沿ってエントリーし5M足なので見えませんが、日足の20MAに当たるラインで反応して上がっていきました。


見てわかる通り、エントリーして10分で決済ポイントまで来ました。勢いよく30ピップスほど落ちたのでラッキーと思っていました。2本入ったんですが、1本は決済ポイントまで少し届かなかったので、このまま伸ばそうと建値下にストップを置いたら、こちらもすぐに刈られて、なんだったんだこの動きは?という状態でした。


20-30ピップスで~ということを考えていなかったらMAで決済はできなかったと思いました。完全に損切りに合ってましたね。利益になったことは運がよかったのかそれとも手法はきちんと効いたということなのかちょっと分からないトレードでした。


こういうことを避けるためにやっぱりラインドンピシャで下がっていく波を捉えないとダメなのかもしれないですな。


青が4時間で白が1時間的に波を考えると、矢印で上昇方向に向かったわけでこれは安値切り上げのダブルボトムの形を作っているのが見えるので、今回は白の波で考えなくてはいけない。


白で考えると三波中の動きになっているので当然ロング。ただしダブルボトムで考えるとネックラインが上に走っているのでロングの勢いも弱くなる。


この地点というのは三角持ち合いの形になっているのでどちらにも行く可能性があり、きちんとしたラインでは反応して一時的にその方向に動くけど、全体の流れを決める動きにはならないので、MAで決済することで乱れた中でも利益を取れるということだったんかなと思います。


ということでなかなか危ない中でやっていたのが分かりました。小さく見ていたので、今これを書くまで三角持ち合いのライン引けてませんでした。今後はどちらかを抜いた方向についていけばいいので、抜けた後の小さな戻りからしっかり獲っていきたいですな。


ユーロドルに関してはまだエントリーすべき通貨ではなかったようです。