FX 10万円から3年で億トレーダー

FXで資金20万円から3年間で1億円にするまでの記録.

2017/8/14monに資金を10万円にリセットし開始,2017/10/9に資金を20万円に変更。日々のトレードの結果を記録する。
予想はあくまで個人の予想なので利用は自己責任でお願いします。

チャートパターン勉強2


前回は5波形成する波でしたが、今回は3波のパターンを見ていきます。


MAは長期も短期もDCのままで調整の2波まできました。2波が1波の半値で反応して3波目に移行しました。目標はチャネルタッチ or 1波の値幅分 フィボの150%くらいまで、今回も到達して反転し始めました。


いつも通り今度は3波の半値で待機なんですが、その前にチャネルを抜けてしまいました。ということで一連の波はここで終了。


次はチャネルの半値で待機、まだラス戻りを抜いていないので下目線ですが、波が3波構成だったことから下への力は5波形成より弱いと考えるべきなんでしょうね。チャネルの半値で反応したのでショートを打ちますが、建値決済にでしょう。30ピップスほど動いているので、損切は建値まで下げているので損はしないと思います。


3波の半値への反応がチャネルの外だと弱い波だと考えられる可能性がありますね。
ただ3波は取れるので利益にはなるでしょうね。


チャネルの半値を抜いたことで、上昇のチャネルが引けるようになるので、ラス戻りを抜いていないが、根拠の薄いところでショートするとケガするのが良くわかります。ラス戻り辺りでショートする人多そうですもんね。上昇の3波中ということは強い波なので簡単に抜かれたんでしょう。


こうやって文にすると理解度が深まり良いですね。

チャートパターン勉強1

トレードにいかすために実際に文にして記憶に残したいと思います。

第一波がラス押しを抜けて出ました。MAは長期は横からやや下へ、短期は上から下へ


第二波の調整が出たら第一波の半値にとりあえず水平ラインを引く、調整波が半値に近づくころに短期MAがDC、長期はGCだが乖離が小さいかつ横からやや下のまま。


第三波の半値で反応かつラス押しがレジスタンスになっているという根拠の元ショート、目標はまずは直近の安値。抜けたら半値で反応なので150%まで、あとはオーバーなので過去のチャートを見ながら判断。


第三波が安値を抜けた時点で切り下げラインがトレンドラインに昇格。安値に平行移動してチャネル形成。第三波の目標をチャネルに当たるまでとみても良い。


第三波がチャネルにタッチ OR 切り返しを見せたら調整の第四波を第三波の半値まで待つ。第四波がチャネルにタッチして髭を出したりしたら第五波でショート、目標は直近安値。チャネルを抜けてきたので利確。


第五波が安値に届かなかったことで切り上げのダブルボトム。トレンド転換と判断はまだできない。


チャネルを抜けてしまったことと第五波が安値を抜けなかったことで、このチャネルの波は終了。この波を一連の波としてその半値にラインを引いて待機。


第一波の終点と大きな波の半値がレジスタンスとしてその後反応。ラス戻りを抜けていないので下目線は継続。チャネル内の切り上げダブルボトムの切り上げラインと半値のレジスタンスラインで揉みあいだが、基本的には下方向で取っていけばよい。


このパターンだとこんな感じですかね。今週習ったことをまとめてみました。




11/15 トレードノート

一昨日からの含み損が昨日大きく更新され損切したくなりましたが、いつも天底で損切して後悔しているのでぐっと我慢。チャネルにあたっているのが分かっていたので、一度下げると思っていましたが、ラス押しを一気に抜いてしまったので、ここからまた更に上は想像できないかな。かといってダラーと下がるとも思えない。しばらく持ち続けるかもしれないです。幸いスワップはもらえているので気長に待ちます。



ユーロ円はウォルフラインにあたって反転し、下降トレンドを形成してラス押しも抜いているので、現在の含み損が解消されそうです。


ニュードルは4時間以上でもダウントレンドできれいにチャネルの中で動いています。大きい波を描いているので中で小さい波が多数できたりしていて逆行したりして気持ち的に難しいこともありますが、現在は調整波を抜けてチャネルの上川付近から下落が始まったので、ショートを持っています。


はじめは月曜に取りそびれた悔しさから明け方かなり下の方でショートしてしまいすぐに含み損でした。昨日はトレンドラインとフィボの61.8らへんにあるところでショートを打ちました(MT4を見ずスマホで)が、勢いよく行かれ一時損切したくなる損を抱えましたが、確認してみると120EMAにあたってフィボ50.0で反落してます。これに気付いてそこからショート打てればうまいんですがなかなか・・・


現在は一番不利なところのポジションを利確して、もう一つをホールド中です。


ユーロドル・ユーロ円 含み損
ニュードル 含み益  

11/14 トレードノート

昨日はユーロ系をやってました。ユーロ円でウォルフが形成されていましたので、ロングを狙っていました。オレンジがウォルフラインです。勢いよく上がりウォルフラインとチャネルラインの交差点辺りまで行きました。


すごいピップス動いたので、気づいていた人は結構稼げたんではないでしょうか。
僕は今含み損を抱えています。実は図にあるような動きを考えていて、午前中から見ていたので時間があり一時的な下落を取ろうかなとショートを持っていたら、午後の指標でドカンといかれ アレー って感じです。


まぁこれには理由がありまして、二週間前も書いたんですが動画を参考にしてしまったんです。その人の手法の動画はいいのですが、展望予想は前回僕個人としては痛い目にあっているんです。詳しくは言いませんが、ホントに人の予想に乗っちゃだめですね。マンツーマンで横で言ってくれているならいいけど、動画だと現在とラグがあるので状況が変わりますもんね。 以上愚痴でした。


ただ今、持っている損益なんですがマイナスなことばかりではないんです。お金的にはマイナスですが・・・気持ち的にプラスというかなんというか


今まで小ロットにも関わらず、損切や逆行が怖い怖いとビビッていたんですが、これだけ個人的に大きな損を抱えるとなんだか今までのビビりが馬鹿らしく感じるんですね。


今回のユーロ円はロングだと思っていましたが、一時的なショートを取ろうと欲に走りました。しかし、ウォルフがあるからロングだと決め込んでロングをしたり、月曜の段階でトレンドラインにリテストが入ったときにロングと思っていたので、そこで買って直近安値くらいに損切を少し多きく取っておけばすべてOKだったわけですが、損をしたくないという理由から損切を小さく小さく設定してしまい、チャンスを逃すことで余計なエントリーが増えて負ける結果になっていると思いました。今週は損切の位置を的確にするという課題が出された感じですな。


ユーロドル ショート 含み損
ユーロ円  ショート 含み損
キウイドル ショート 含み損

ユーロ円 *チャートパターン


ユーロ円が良い感じで上がってますね。昨日交差点付近からロングエントリーしたんですが、残念ながらストップにかかってしまいました。


見返してみると僕がエントリーした場所はただラインにぶつかっただけだったんですね。横を見てもぐちゃぐちゃしているところのどこかの髭にあたっているくらいで根拠としては薄い。冷静に見ると分かる(笑)


今回反発したところを見てみると、黄色〇で示したところがDBのネックラインにぴったりなんです。少し交差点ラインに信頼を置きすぎローソクがラインを少し割れると、すぐにこのラインは効かなのではないかと思ってしまいますが、冷静に見てみるときちんと反応すべきラインでしっかり反応しているんだなという感じです。


以前のDBのネックライン上で十字線、次の足で陽線が確定。フィボナッチでも50%の半値付近。直近の高値は親波のラス戻りを抜いている。これだけの上昇の要因が揃っているのでこれは上げですよね。黄色〇の時点でここまで分析できればなぁ


予想では親波の最高値まで行くと思います。トレンドラインに押しを付けたらエントリーしたいですね。


この形はおそらく、いろいろな通貨で起きていることだと思うのでユーロ円は逃しましたが、今週ほかの通貨で見つけたら迷わず冷静にエントリーしていきたいと思います。