FX 10万円から3年で億トレーダー

FXで資金20万円から3年間で1億円にするまでの記録.

2017/8/14monに資金を10万円にリセットし開始,2017/10/9に資金を20万円に変更。日々のトレードの結果を記録する。
予想はあくまで個人の予想なので利用は自己責任でお願いします。

スイス円 ウォルフに見えて仕方ない

大きなウォルフの中に小さなウォルフがあるように見えて仕方ない。


今気が付いてた。今週はこれが見れていなかった・・・


1Hで見ると火曜日の下落がウォルフターゲット到着して反発、ん? これドル円と同じパターンじゃないか。


スイス円は火曜の下落後TLまで一度上昇して、抑えられて再度下落してDBを作ってその後TLを抜けてから、戻りをつけて再上昇していきました。


僕はというとウォルフを見えていなかったのと期待だけで再度下落すると思っていたので、TLへの上昇を安値への戻りと思ってショートをして、それがDBになって再上昇してきてもまだ下がると思っていました。


ただね、やっぱり見えてはいたんですよ。定番の形が出来ていたんで、両建てしていたんです。上昇した時にやっぱりこれ反発パターンだと思ってよかった両建てで思っていたんです。


でも、この時は下方向が僕の中で強かったです。抜けへの戻りにビビッて両建てのロングを決済しました。結局その後急上昇。何が言いたいかというとチャートはちゃんと動いていて、その中で気が付かない馬鹿垂れがうろうろしているだけってこと。


今はウォルフの2-4ラインで作ったチャネルへ上昇している途中なので、来週はそこに着けた後に下落するんじゃないかと思っています。上昇のTLを抜けたら下げでとっていけると思っています。


そして、本題
今週の動きを見るにウォルフで動いていることは間違いなさそうです。1-4ラインドンピシャ止まりだったので。左側を見るともっと大きなウォルフがあり長期的に見ると105円とかその辺までの下落が見えてくるんですな。


来週以降の直近の動き的には来週下落して、大きなウォルフの2-4ラインまで今使っているチャネルを使いながら下落して、2-4ラインを抜いたり戻りをつけたりで上下に多少ブレながら動き、最終的に大きいウォルフの1-4ラインへ行くっているシナリオ。


これがうまく決まれば、チャートを信じきれて感情的憶測を排除できるように感じている。この記事が大予言になったら面白いな。

自分の都合で判断してはいけない ポンドドル・ポンド円

先週から見るとポンドドルはラス押し・ネックライン・チャネルラインをすべて抜けていたので下の流れが出来ていたのが、検証すると分かる。


ダブルトップが形成されることでチャネルが出来て、それをネックライン・これまでの上昇波の起点に平行移動すると今週の動きはどこまで行き、どこで反発するかあらかじめ決まっていたかのように見える。


ただし、先が分かった状態と分からない状態では精神状態が違うため結局はタラレバの話になってしまう。しかし、検証を続けて確率が高いと分かれば徐々に見えてきて腹も据わってくるだろう。


火曜日の下落をちょうどよく乗っていたポンド円だったが、あるところで下げ無くなっていった。ポンドドルを確認するとこのチャネルが目についた。


同じころドル円がチャネルに当たって下落していったのも確認していた。「やっぱりチャネルは強いな」と思っていたため、このポンドドルがチャネル付近まで来ていてここで反発しそうと思ってはいたが、ポンド系の破壊力に期待してしまった。


火曜日にポンド円が160ピップスほど伸びていて、ポンドドルはまだチャネルに到達はしていなかった。木曜日に指標があることを確認して、ここでチャネルが抜けると思ってしまっていた。本来なら指標でチャネルから反発も考えなくてはいけない。


以前から指標はトリガーであり、その前にチャートにどっちに行くかを示す兆候が出ると考えてやっている。これは、僕がテクニカル偏重で考えているだけである。


テクニカル重視の考えであるなら、ここではチャネルの反発を考えるべきである。なぜなら下に行く要素がないからである。しかし、ドル円でチャネルの効果を十分に体感しているにもかかわらずポンドの大きな動きに期待した。論理的思考から感情的思考に変わってしまっていた。


仕事中で指標での動きは確認できていなかったが、仕事後期待通りに大きく動くと思っていて、どのくらい増えてるかなと浮かれていた自分をぶん殴りたい。期待と逆に動いたのを確認して思ったことは「やっぱりな」だった。チャネルで反発するかもしれないということは分かっていたから当然。


結局、ドル円の戻りの動きが思った以上に入ったのも重なって、ポンド円は一時160ピップス以上行っていたにもかかわらず、利確できずに含み損になってしまった。

矢印の安値更新の戻りから入っていた。その前に日足の下落のチャネルラインでダブルトップ、ネックライン抜け、ネックラインへの戻りもばっちり入っていたので1時間後には大きな利益になり始めていた。


フィボナッチの使い方のルールが定まっていないので、いろいろ当ててみたなかで下落のきっかけとなった安値とその高値を結ぶと火曜の時点で200に達していた。火曜の夜の時点でこれに気づいていたが、やっぱりポンドのルール破りのイメージでさらに行くと勝手に思い込んでいた。


今週のトレードはすべて懸念がその通りになった。ポンドドルのチャネル、ポンド円の200%到達、ドル円の下落が3点目のネックラインで止められたこと。全部見えていて不安に思っていたけど、期待する感情で自分自身で見ないようにしていた結果マイナス。


テクニカル偏重で根拠を探し、それに従うと決めてやっているのに利益が出るとテクニカル無視の期待による博打トレード。なかなかレベルが上がらないのはこれが原因なんだろな。


今週のトレードを振り返ると+500ピップスからの-100ピップスでした。


期待に対してテクニカル的に懸念がある場合は、その時点で利確するべきですな。


ドル円 週末へ向けてどうなる

ドル円がちょっと予想と違う動きをしていて、今後に不安が残りますな。


予想としてはラス押しを抜いたので、下方向なのでラス押しへの戻り・トレンドラインまでの戻りまでは考えていたんですが、今はチャネルまで戻ってしまいました。


やはり、不安というのは的中するもので、1つウォルフに当たっての反発をあるかなと思っていました。1Hだと完全に抜けているんですが、4Hだとヒゲで戻って実体はターゲットラインの中、かつ3波目のネックラインと結構強いところで止まっていたので、もしかしたらと思っていました。でもラス押し抜けの方が強いかなと最終的には思い節目でショートエントリーしラス戻りで損切りをしていたら今朝かかってしまいました。


今後を考えるとチャネルでDT、ウォルフの2-4ラインへの戻りから下落を考えています。上昇に関してはチャネルをしっかり抜けて、先月高値も捉えてから考えたいと思います。


うーん、結構予想通りに動くと思いきや暴れてくれますな。


1つはウォルフでの下げの場合は、ターゲット到達からの反発も考えておかないといけないということかな。ほかの通貨はしっかり反応してそこで動いているのを見るとウォルフのようになにかパターンができるとそちらに引っ張られた動きになるのかなと注意点として学べましたな。


やっぱり、FXは面白い。これだけパターンがあると飽きませんな。一つ一つ自分のものにしてスキルアップしていきたいもんですな。

ドル円の結果と今後

結果は下方向でしたね。今朝の貿易収支の発表後に一気に落ちていきました。


予想外だったことが2つ
・戻りをつけずに一気に行ったこと。
・ウォルフを一気に突破したこと。


戻りを待っていたら戻りが来ないで大きな下げになり、入りそびれてしまいました。白ラインが1Hで見たときの直近安値になるので、そこに指値をしておけばよかったと思います。そうすれば2-4ライン抜けとなるのでウォルフのエントリーとしては間違いではない。


ただ、ラス押しを抜いてTLも抜けているので、まだチャンスはあると思う。1つは長期MAへの戻りがラス押しと被るところ。もう一つは時間をかけて大外のトレンドラインまで寄っていって短期MAと重なるところの2点が見込める。


もしも大外のTLを抜けてしまったら一度撤退してより抑えられたチャネルラインでの反応を見ることも考えられる。


ドル円は獲れなかったが、ポンド円が同時間に良い形になっていたので、ショートエントリーをした。

〇のラス押しを抜けたのでショートでエントリーして9-16時で120ピップスの動きがあった。ラス押し抜けのみが根拠ではなく、ポンド円はずっとダウントレンドであり2週間を使って調整の上昇波を5波で形成、しかし5波が3波の高値を抜けられず日足のTLも微妙な感じだった。長短期MAも抜けていたので、下に行くことを邪魔するものはなかったので、ドル円の下落を見ながら余裕をもってエントリーできた。完全勝利のポイントだったと思う。こういうトレードを狙っていけばいいと再確認した。

今週のドル円 ブルベア両展開でのプラン

先週は4Hで見るとチャネルの中での動きに終始した。


1Hでみると2本のラインが引ける。


高値更新しているので、買い目線で考えると①の短期的なトレンドラインを抜けて再度高値更新、チャネル抜けを狙う動き。


高値更新をしたが更新幅が狭くなっているのでウォルフの形になっていること、チャネルラインに到達していることから切り返してくるとみる売りの目線、②の2-4ラインを抜けると短期MAを下抜けし被ってくるので上昇しにくくなる。


下げになったとしてもまだラインは残っているのでストンと行くかは分からない。4Hのトレンドライン上で形を作って再上昇になるかもしれないし、ウォルフの1-4ラインにすんなり到達するかもしれない。


あまりバイアスはかけたくないが、今のところは売りの動きになるかなと予想している。


どちらにしろすぐにエントリーできる形ではないので、動き出してから後出しじゃんけんをしたいと思う。