FX 10万円から3年で億トレーダー

FXで資金20万円から3年間で1億円にするまでの記録.

2017/8/14monに資金を10万円にリセットし開始,2017/10/9に資金を20万円に変更。日々のトレードの結果を記録する。
予想はあくまで個人の予想なので利用は自己責任でお願いします。

今週の失敗トレード1 (スイス円・ドル円・オージー系)

先週にTLに当たっただけでロットをいつもの5倍でショートしていました。チャネルに反応するということをよく経験した週だったので、ラインに当たっただけでエントリーしたんだと思います。


この時は損切りも置かないで週持越しをしていました。今週になって何とかなるかなと思っていましたが、やっぱりルールに沿った再現可能なトレードをしようと決めて一旦ポジションを解消しました。110ピップスのマイナスです。しかもいつもの5倍のロットなので、同ロット換算だと-550ピップスです。


チャネルに当たっただけでドル円も先週ショートエントリーしてました。チャネルを抜けているので損切りしました。-30ピップス。


これらが先週の根拠の薄いトレードの代償です。約-600ピップスからルールに沿ったトレードで巻き返しを図りに行きました。

オージー円は〇の短期MAでの反応を見てロングをしてダイヤの安値に損切りを置いて刈られました。しかもそこから反転していったのではっきり言って無駄なトレードでした。
敗因はTLを抜けからエントリーするルールを守らなかったためです。


では、どこが正しいかというと☆のところだったらどこでもOKです。損切りになった下げは最安値を更新せずにTLを抜けてその後DBをきれいに作ったので、ここからは下げの波を見てネックラインまでロングで攻めていけば勝率の高いトレードができる。この場合は最小で1:1、ほとんど節目なしと捉えれば1:2のトレードで35-70ピップスは抜ける。


その後も木曜から金曜にかけてTLを抜いた戻りから取れるので、そこでは1:1ぐらいのトレードは出来て40ピップスほど抜けたと思う。


結局ルール通りやればしっかりと50ピップス前後のトレードはできるというのが分かる。

オーシードルもエントリーはオージー円と同じ。しかし、こちらは安値更新している。ただしその後の動きを見ると結局DBを作ってTLを抜けているのだから、ルール通りにロングでネックラインまでとればよかったわけだ。最小で1:1、最大1:2どれもルールからの逸脱なし。


目立つTLもそうで、結局TL内にDBを作って抜けて行く体制を作っているので、損を限定して確率の高いロングで攻めれば1:1ぐらいのトレードはできる。ピップスで言うと1:1だが、可能性的には1:1ではなく勝つ可能性の方が高い。トレンドに従えばいいだけ。


こう見ると失敗トレードと言うのはエントリーが早い。そして、最も大切なのはTLを抜けているかどうかで、エントリータイミングはあまり重要ではない。もちろん早くわかればリスクリワードは良くはなるが・・・


来週はこれらの失敗トレードを繰り返さないようにし、逆に昨日書いた成功トレードだけを繰り返していきたい。



今週の成功トレード2(ユーロ円・ポンド円)

ユーロ円は上方向っていうのが見えていたので、どこでやるかなと思ってみていたら月曜日に良い戻りが入り、それがTLを抜けていたのでそこから入れればベストだったんですが、夜過ぎてPCを閉じてしまっていました。


ワールドカップを見ていたので起きてはいたんですがね・・・その影響で火曜日は正午まで爆睡。そのせいで矢印のチャンスを逸してしまいました。オージードル・円にも同じタイミングでチャンスが来ていたのを後から確認しました。


結果その動きがDTを作る形になったんですが、その下げがDTで作れるチャネルで止まったので、下げのTL抜けからロングを打つことが出来ました。これは1:2で+70ピップスほどでしたね。ちょうどチャネルがあったので、ネックラインではなくチャネル付近まで引っ張りました。

ポンド円もユーロ円と同じですね。1回目はTL抜け後にDBを作って上確定ですな。ここはW杯でとれず、2回目のTL抜けからの上昇でポジション持てました。ユーロ円と違うところはチャネル移動先が2つあったということかな。こっちは一番上のチャネルまで行く予想でいたんですが、手前の高値にも平行移動しといて一先ずそこで安全に利確しとけばよかった感じですな。 1:2ぐらいで100ピップス獲れましたね。結局その後の下げで大きく戻されてしまって+40ピップスぐらいで手仕舞いしました。


合計110ピップスでドルストより取れませんでしたが、まぁ一度のトレードだったら及第点でしょうね。今週は合計で300ピップス以上は楽に抜ける動きだったのではないかなという感じですね。


ユーロ・ポンド系で今週は300ピップス実際に抜けましたが、振り返ってみると同じことを繰り返しているだけに感じます。どこで止められて、その後どういう動きをしたかで行く方向は分かるように思います。リスクリワード比を見ながら安全にトレードすれば確実にお金は増えますな。


後日書く失敗トレードで自分の捨てるべき考えを洗い出し、この成功トレードのみ繰り返しできるようにしたいですな。

今週の成功トレード(ユーロドル・ポンドドル)

月曜日から大きな下げがあってラス押しも抜いてきてしまったので、いつもなら下目線になって戻り売りを仕掛けようとなるんですが、月曜日の下げがネックラインで止まっていたのと先週の時点でラス戻りを抜いていたので、月曜の動きは調整波の2波だと捉えました。


しかし、1Hではラス押しを抜けているのですぐにロングというわけではなく、なにかしら上昇する理由が欲しいと思いました。月曜日の下げにTLを引いてそれを抜けたら上昇の三波が始まると考えました。


水曜日に予想通りネックラインで反応して落ちてきたので、今度は押し目買いをします。そこでの候補はTL付近かつ1度目に乗った安値を更新しないところと考えていたので、2つ目の矢印になります。次の狙いは下げの波の起点の高値としました。


そして、矢印の戻り辺りからロングを打ちました。正直TLを抜けたらどこから打っても良いかなと思っていました。理由は損切りは月曜日の安値・利確は〇のネックラインと決めていて、あとは多少リスクリワード比が変わるだけという考えでした。


3波は1度1波の高値のどれかのラインで止められるという認識があるので、利確はここの範囲。もちろん勢いよくそのまま抜ける可能性もあるので、高値に当たったからと言ってショートは打ちません。


高値のネックラインを抜けてヒゲまで捉えましたが、これはネックラインか高値か更新するかは分からないので、安牌のネックで利確がストレスないでしょう。


最初が50ピップス・2回目が80ピップス 合計130ピップスでした。リスクリワード比も1:1.5くらいなので良いトレードでした。


本当はもっと上まで行く予想なんですが、雇用統計を控えているので気分悪く週末を迎えたくないのでポジションは全部閉じました。

ポンドドルもユーロドル同様に月曜の下げの後にTLを抜けたところからロングを打ちました。やっぱり下げがネックラインで止められているのが効いてますね。下げが止められてTLを抜けてくると安心してロングを打てます。


月曜の下げの動きも同じようにして取れないことはないんですが、月曜から大きく動くことは考えていなかった。


ネックラインで止められ、TLを抜けてダブルボトムをつけたので、損切りはDBの安値利確は〇のネックラインこれは1:2ぐらいのトレードなので満足ですな。+70ピップス


2度目は〇を更新してMAに戻りがついたときに持てばよかったんだけどこれは難しかった。4HのTLがあったので、それを抜けた確証がなかったのが理由。そして抜けた後に3つ目の矢印らへんからロングを打ったんですが、雇用統計を控えているのと思ったより勢いがなかったのでポジションを閉じました。


ユーロドル・ポンドドルで200ピップス以上取れたので良いトレードが出来たと思います。



パターンのバリエーションを増やす

今週は利確のポイントをミスったせいで調子が狂った週でした。1パターンを極めて行けば勝てるのは分かっているんですが、それだとチャンスが極端に少ないので性格上難しいですな。


それで、こうなったらこうするとあらかじめパターンを決めてやるバリエーションを増やしていこうと思いました。


上の図はユーロ円の1H足で先々週から先週の動きです。
ネックラインを抜ける大きな下げがあり、きちんとネックライン抜けの地点までの戻りが入ってから戻り売りをする。フィボを考えると61.8まですら戻ってないのでなかなか勇気がいるが、2回目は短期MAまでの寄っていてMAがバリアになって上がらなくなっている。ネックラインを抜けているから下方向の力が強いんだから、1のところからなら再現可能だと思う。


ダウントレンドが完成していてフィボを当てると100%の動きではないんですが、ネックライン抜けと戻り売りが入ったところがちょうど全体の動きとして中心になっている。つまり、200%の動きをしていて完成していました。そのTLを抜けてました。TLを抜けたことでダウントレンドは一旦終了と考える。2の位置で最安値のネックラインで髭で戻されたことを考えてロングエントリー。狙いは1のネックライン、損切りは最安値140:40PIPSなので3:1以上のトレードが出来ます。その後は1の高値更新がローソク実体で明確に出来ないことから2のネックラインまでのショートエントリー、損切りは元のネックラインと最安値を結んでできるチャネルラインのエントリー足の直上に置く。110:50PIPSで2:1以上のトレードが可能になる。このあとは最安値と2の延長ライン上で反応があった場合は3からチャネルまで、損切りは2の安値150:40PIPS 4:1以上のトレード。


全部タラレバだが、十分に再現可能なトレードプランになると思います。1-3波の波が完成後の切り返しやレンジのもみ合いの場合にこのプランを考えながらやれば迷わずできる気がする。

ラインにビシバシ!

引き直したんじゃなくて、あらかじめ引いていたラインです。


いやーすごいですな。このラインを抜けるかどうか見ていたんですが、抜けずに反発してしまいました。


抜けたら抜けたでまた入りなおせばいいんですが、どうしても見ている時に抜けるのを期待してホールドしてしまいますな。


ドル円はまだまだ下がる形になっているので、クロス円も下がるかなという感じなんですが、なかなか動きませんな・・・


イライラしますが、これも修行だと思いストラグりたいと思います。