FX 10万円から3年で億トレーダー

FXで資金20万円から3年間で1億円にするまでの記録.

2017/8/14monに資金を10万円にリセットし開始,2017/10/9に資金を20万円に変更。日々のトレードの結果を記録する。
予想はあくまで個人の予想なので利用は自己責任でお願いします。

来週のドル円

金曜日に大きな下落になりました。この下落は次の上昇に必要な下げだと先週思っていましたが、今週前半から上げモードになってしまい思惑と違う動きでした。


しかし、押しが浅すぎるのでやはり大きな上げにはつながらず、少し更新してDTを作っての下落になりました。


僕は、DTを作る上昇をロングで乗っていましたが、欲張りルールを破り損切りになりました。損切りがちょうどDTのネックラインだったのでここに損切りや利確を置いていた人が多かったんだと思います。


損切りになりましたがショックはあまりありませんでした。正直動きがそうだろうなと高値更新がなかなかできない状態を見て予想してました。結局期待から損切りラインを上げなかったんで結果的に失敗トレードになりましたが、昨日の下げまで予想通りでした。


やはり、しっかりとした調整の動きがない状態で上げても大きな動きにならない。しかし、その中でもルールに従えばトレードは十分可能。


迷ったときに本を読むのがすきなのですが、新しい知識や方法が学ぶことが目的ではなく、自分の中にあるこうだろうなという考えが本を読むことによって肯定される感覚がすきなんですが、昨日のドル円の動きはまさにそんな感覚でした。
上矢印は短期MAの上で下落が止まりTLを抜けてきたので、ルールに従えば直近高値のネックラインまでのトレード


下方向
まず最初はロングの根拠となったMA上の安値を抜けたらMAの下にもぐるのでそこに指値を置いておき、左の安値のネックラインまでのトレード。


そのあとは指値付近までの調整からまたネックラインまでのトレード


今回は切り上げのDBにも見えるのでその後は獲りにくいかもしれないが、三角持ち合いを見て抜けからエントリーして、左を見て決めてもいいし下げの三波と捉えてフィボを使って下まで獲っても良い。


この三角持ち合いは15Mで見ると左のネックラインで右の上昇が止まっているので、それを見てリスクを限定して獲っても良いと思う。その背景には今週の上昇の押しは浅すぎて上げがいまいちだったわけだからこの上げの起点のラインはブレイクしやすいと考えることもできる。このラインは1Hだとヒゲになっていはいるが、ブレイクだと考えても良い。つまり、この三角持ち合いは下抜けの確率の方が高いと全体から分かるのでリスク限定のショートをなるべく高いところから打つと良い。結果論だが十分再現可能。


来週の予想
今週は下落になったが、落ちてほしいところまで下落してそこでちょうど止まっていることと長期的にはまだ上昇トレンドは崩れていないので、引き続き上目線。

長期MAの上でDBを作ってTLを抜けるようなら僕のルールドンピシャなので、それに従って複数回トレード出来る。3つ下からエントリーして各ポイントで決済して、戻ってきたら決済分を再エントリーして獲ってみるのが面白そうだ。


面倒なのが、窓があきでTLをブレイクされること。こうなるとパターンが出来ていない状態での上げなので、リスクが増えるからそうなったらやらない。


窓が下の場合もやらない。ここからだとRR比が悪すぎる。長期MAを抜けたら上目線もだんだん怪しくなってくるが、この下に最終のTLがあるのでこの上でパターンを作った場合はTLとMAを両方抜けた戻りからエントリーする。


どちらにしろエントリ―する場合は、損切りが置ける場所が確定しているので、リスクリワード比はかなり良くなるポイントになる。予想通りになることを期待して来週を迎えたいと思う。