FX 10万円から3年で億トレーダー

FXで資金20万円から3年間で1億円にするまでの記録.

2017/8/14monに資金を10万円にリセットし開始,2017/10/9に資金を20万円に変更。日々のトレードの結果を記録する。
予想はあくまで個人の予想なので利用は自己責任でお願いします。

来週のドル円

金曜日に大きな下落になりました。この下落は次の上昇に必要な下げだと先週思っていましたが、今週前半から上げモードになってしまい思惑と違う動きでした。


しかし、押しが浅すぎるのでやはり大きな上げにはつながらず、少し更新してDTを作っての下落になりました。


僕は、DTを作る上昇をロングで乗っていましたが、欲張りルールを破り損切りになりました。損切りがちょうどDTのネックラインだったのでここに損切りや利確を置いていた人が多かったんだと思います。


損切りになりましたがショックはあまりありませんでした。正直動きがそうだろうなと高値更新がなかなかできない状態を見て予想してました。結局期待から損切りラインを上げなかったんで結果的に失敗トレードになりましたが、昨日の下げまで予想通りでした。


やはり、しっかりとした調整の動きがない状態で上げても大きな動きにならない。しかし、その中でもルールに従えばトレードは十分可能。


迷ったときに本を読むのがすきなのですが、新しい知識や方法が学ぶことが目的ではなく、自分の中にあるこうだろうなという考えが本を読むことによって肯定される感覚がすきなんですが、昨日のドル円の動きはまさにそんな感覚でした。
上矢印は短期MAの上で下落が止まりTLを抜けてきたので、ルールに従えば直近高値のネックラインまでのトレード


下方向
まず最初はロングの根拠となったMA上の安値を抜けたらMAの下にもぐるのでそこに指値を置いておき、左の安値のネックラインまでのトレード。


そのあとは指値付近までの調整からまたネックラインまでのトレード


今回は切り上げのDBにも見えるのでその後は獲りにくいかもしれないが、三角持ち合いを見て抜けからエントリーして、左を見て決めてもいいし下げの三波と捉えてフィボを使って下まで獲っても良い。


この三角持ち合いは15Mで見ると左のネックラインで右の上昇が止まっているので、それを見てリスクを限定して獲っても良いと思う。その背景には今週の上昇の押しは浅すぎて上げがいまいちだったわけだからこの上げの起点のラインはブレイクしやすいと考えることもできる。このラインは1Hだとヒゲになっていはいるが、ブレイクだと考えても良い。つまり、この三角持ち合いは下抜けの確率の方が高いと全体から分かるのでリスク限定のショートをなるべく高いところから打つと良い。結果論だが十分再現可能。


来週の予想
今週は下落になったが、落ちてほしいところまで下落してそこでちょうど止まっていることと長期的にはまだ上昇トレンドは崩れていないので、引き続き上目線。

長期MAの上でDBを作ってTLを抜けるようなら僕のルールドンピシャなので、それに従って複数回トレード出来る。3つ下からエントリーして各ポイントで決済して、戻ってきたら決済分を再エントリーして獲ってみるのが面白そうだ。


面倒なのが、窓があきでTLをブレイクされること。こうなるとパターンが出来ていない状態での上げなので、リスクが増えるからそうなったらやらない。


窓が下の場合もやらない。ここからだとRR比が悪すぎる。長期MAを抜けたら上目線もだんだん怪しくなってくるが、この下に最終のTLがあるのでこの上でパターンを作った場合はTLとMAを両方抜けた戻りからエントリーする。


どちらにしろエントリ―する場合は、損切りが置ける場所が確定しているので、リスクリワード比はかなり良くなるポイントになる。予想通りになることを期待して来週を迎えたいと思う。


今週のトレードは失敗の連続

今週の結果は―270ピップスで終了



エントリーパターンを1つしか持っていないというのはダメですね。今週はパターンから入れたのはドル円の結果的にDTになった昨日の上げだけでした。

その後大きく下落していきましたが、DBでTLを抜けて直近高値までの動きはきれいです。アップトレンドで短期MAの上での動きだったのでTL抜けからエントリーしました。結果はルールを破り大きな下げで刈られましたが、やっぱりルールは正しかったと再確認できました。ルールを破ってさらに上を狙った理由は、今週は焦りがあったからです。週前半の大きなドルストの下げを狙っていたにもかかわらず獲れなかったことが原因でしたね。


対策として、損切りを限定したトレードを一つの方法として使っていってトータルで勝つことを目指します。ラス押し・戻りや高値安値のネックラインからのエントリーしてリスクを限定したトレード狙っていけばトータルで勝つことも可能だし、大きな流れを根っこから獲れることがチャート分析から分かりました。


1つ持っているトレード方法はほぼ勝てますが、1週間で現れることが少ないのでどうしても気持ちに焦りが出てしまいます。チャンスでのみエントリーするのが一番いいのは分かりますが性格はそうすぐに変わるものではないので、一番ストレスがないトレードをしていこうと思います。


来週からのトレード方法
1つはいつもやっているTL内でのパターン形成後のTL抜けから直近のネックラインまでのトレード。逆張り・トレンド転換ではなくトレードフォロー


もう一つはリスクを限定して高安値のネックラインからの逆張り。長期足で言うと順張りだけど短期の調整の動きに対する逆張り。リスクリワード比が1:2以上になるところのみでトレード


この二つでラスト1週間頑張って少しでも目標に近づける努力をします。

予想の方向に動いているけど、入れない・・・

ユーロドル1Hです。大きな〇のところがTLを抜けてラス戻りも抜けてしまったので、先週末考えていたプランは一旦白紙。火曜日の大きな上昇波3波の起点のネックライン・窓開けの部分で抑えられた形になって大きな下落につながっている。


結果論で言えば、先週の損切りは全部無駄になってしまった。そのぐらい戻しの勢いが強かった。もしもこの戻りの動きがTLの中で納まっていれば、ショートを打って行けたけど、勢いのある戻りで上目線が強くなっていったところで急な下落。


これはついていけないですな。短期MAを上抜けしているし、TLも抜けて、ラス戻りも抜けていたら、後はTLへの戻りやラス戻りの上にパターン形成からのロングって感じだもん。まぁこれは獲れなくて仕方ないってことで納得するしかない。


1つの方法としてはリスクを限定してやる方法もある。上げの勢いが強くてもどこかで調整が入る。その調整が入るポイントを考えると三波のネックラインが考えられる。損切りを先週の最高値に置いておけばリスクリワード的には1:2ぐらいにはなる。


最高値に損切りを置く理由は3波をクリアされても最高値のネックが次にレジスタンスされる可能性があるから、まだ防衛線が2つある状態ってのが理由。まぁこういうリスクリワード比だけを考えてトレードするのも一つの手であると思うけど、TLを使っているとなかなかTL抜け、ラス戻り抜けからショートを打つのは難しいよね。何より先週それをやって負けたわけだから、今週やるなんて何も学んでない証拠でしょ。


いやー、でもTLのなかで納まっていれば100%ショートだったんだけどな・・・なんで一旦TLを出たのか不明なの要検証ですな。


ここまで下がって来てしまったら、ここからショートをやってもリスクが高くなってしまうので、しっかり形を作ってそこが固まったらロングを打ちたいですな。1.16付近で良いラインがあるので、そこでの反応からロングかな。



今週の失敗3(ドル円)・来週への抱負

ドル円はずっと上目線でいて、押し目を待っている状態でした。大きな動き後だったので〇の位置の下の直近高値辺りから、押し目までの下げを獲ろうと思ってショートをしました。1Hで見ていたので、左の高値は見えていませんでしたが、そこで反応して押し目の動きなりました。


しかし、窓が開いて勢いを持った動きだったので、ヨッシャ押し目や!と自信をもって乗ることが出来ないでいるとドンドン上げて行ってしまって完全に乗り遅れてしまった。


ショートは利確できたんですが、本命のロングが不安いっぱいで乗ることが出来なかった。先週の高値と短期MAにしっかし戻りをつけた動きだったので、あとから見ると良い押しが入ったといえるが、オンタイムではそこまで自信持てないでしょ。


まぁ、リスクを限定して持つことは可能なので、そのパターンを次に備えて考えておく。
高値更新していった根元を見るとDBになっているので、その下に損切りを置いて考える。今回は高値抜けの上昇を狙うので、当然高値更新すると思うわけだから高値とDBが1:1ならやるべきところであると考える。その後に高値を更新したら下落の安値に損切りを移動すればよい。タラレバだが、RR比を考えてトレードなので再現可能。あくまでこう上昇が短期MAの上で動いているのが条件。


話は変わり、来週の動きを考える。
週末にかけて少し下げてきたが、週明けすぐに買っていくのは難しい。仮に上げても僕は見逃す。しっかりした戻りを待ってTL抜けからロングを打つルールに沿ったトレードをしたい。そう考えると111円半ばまでの下落を待つことになる。


TLで支えられ、そこにパターンを作りTLと短期MAを抜けたところからネックラインまでかな。例えばDTを作って短期MAを下抜けした場合は戻りからTLまでの下げを獲る下げのパターンもある。高値に来たからの下げではなく、下げのパターンを作ったのならトレンドに従うことになるのでギャンブルトレードではないでしょう。RR比も十分にとれるので、長期ではロングだが短期だとショートの方が確率が高く見える。


パターンを見てルールに従い無感情にトレードする。チャートが示す方向に逆らわずに乗れば勝つのは簡単であり、負けるのはプレイヤーの感情・経験による偏見が原因。不安を他人の意見や根拠のない体験を思い出して払しょくするのではなく、もう一度チャートを見てしっかり分析しなおす。チャートは我々を騙そうとしているのではなく、しっかり行先を示唆して動いていることを常に考えてトレードしよう。俺ならできる。頑張れ!

今週の失敗トレード(ユーロドル)


数日前にユーロドルの失敗は書きましたが、発見もあったのでまとめとして書きます。
ユーロドルは〇のところでDBが完成したと思ってロングでポジションを持ちました。結果は一度は上昇するがその後大きな下落になってしまいました。


原因はTL割れを軽視したことです。TL割れをしていましたが、その外側でDBを形成していたのでロングでいけると思っていました。このDBが結構理想的な形をしていて楽勝だと思っていたんですがね・・・。結局はTL抜けの戻りからネックラインまで、そして再び戻りから本格下げとポンドドルとは形は違うけど、動きとしては似ていると思います。


結局この下げは僕がラス押しだと思っていたところのネックラインできっちり止まっているし、そこは高値を結んだチャネルラインでもあるわけです。ほんとにこれだけ基本通り動くと勝てるイメージしかわかないですな。負けるのは僕が余計なところで経験則で動くからなんでしょうな。チャートはしっかり方向を示唆しながら、ほかの通貨や経済指標をトリガーにして動いている。何度も同じことを書いたり、復習したりしているんだが、実際チャートが形成途中だと分からなくなってしまうもんですな。

タラレバ的狙いどころ
TLを抜けた下落はギャンブルになるので、取れないとしてその後の戻りからの動きは、真ん中の〇をラス戻りとすると火曜日の戻しの動きはラス戻りを抜けることが出来なかった。それを根拠に月曜の下げのネックラインまで下げを獲ることが出来る。RR比で考えると右の〇の最高値に損切りを置いても1:1になるのでOK。


ネックラインでとまり反発は1-2-3の動きではよくある動き。3波が2波の起点で止まり、一度上昇してから本格的に下げる。つまりは左の〇でエントリーしなくてもある程度上がった後にエントリーして、損切りを最高値に置けば1:1以上は目指せる動きになる。1回目である程度利益が乗っているので、たとえ逆に動いても微損か微益で撤退することが出来る。


チャートはちゃんと動いているので、この動きが外れることの方が珍しいと思うので、勝率は高くなるはず。


今週の損の原因はTL抜けやラス押し抜けを軽視してDBやTLタッチを優先した結果である。前者を重要視して後者がそれに加われば根拠として強くなるが、後者のみだと勝率はぐんと下がり、チャンスで逆方向にエントリーして無駄損をつくることになる。


今週はまさに馬鹿のお手本トレードだった。ラス・TL抜けをしっかり見て動く方向をチャートから読み取りたいと思う。


今月は今のところー100ピップスと傷が浅いので、後半はしっかりルールを守って2000ピップス達成したいと思います。まだまだチャンスはあるのでやり続けますぜ。

来週の狙いはポンドドルと似ていてチャネル付近での動きを見てからになります。ユーロドルの場合は矢印のラインが重なっている部分らへんでしっかりとした反応が見れれば短期MA抜けやそれへの戻りから取っていけると思います。