FX 10万円から3年で億トレーダー

FXで資金20万円から3年間で1億円にするまでの記録.

2017/8/14monに資金を10万円にリセットし開始,2017/10/9に資金を20万円に変更。日々のトレードの結果を記録する。
予想はあくまで個人の予想なので利用は自己責任でお願いします。

ユーロ円に嫌な形が・・・


ユーロ円はまだ含み損を抱えていて、良い感じで下がってきて救われるなーと思ってたんだけど、チャネルのなかに上昇ウォルフが出現。5点目がワンボトムでぐっと上がってるから効きそうだ・・・宵の明星?明けの明星?どっちか忘れたけどそれで上がってきているし、下げが止まったポイントが上げの起点なので不安を煽りますな。


傷が浅いうちに損切するか迷うー


追記
えー記事を書いた後、再度チャートを確認したところ、これは上がる可能性が高いと思いました。理由としては、まずウォルフ、そして次に画像の下降チャネルより大きい形で上昇チャネルがありそこにタッチ、さらに120EMAに支えられる形、最後に一連の上昇を一波ととらえたところちょうど半値のラインがあるということ。以上から上昇の確率が非常に高いと思い、損切して逆にロングをしました。

結構良い分析だと思うんだよね。今週の集大成だから上がれ!!(笑)


追記2

いやー参りましたな。2-4ライン反発で下割れするとは・・・ちょっと考えてなかったなぁ


ドル円下方向は予想してたけど、下行き過ぎだわ。今週持ってたドル円ショートが週末の末でお宝になるとは・・・こんなこともあるのね。

昨日の勉強のパターンがドル円に・・・

ドル円 1H


昨日2つチャートパターンの勉強の記事を書いたんですが、今のドル円の形はそれに近いと思います。きれいにチャネルの中を動いていて結構効いているラインだと思います。


ドル円の下げはまだ余地があるのでこれからダラダラ下げるか、一度上げてから再度下げるかは分かりませんが、現在分かっていることは紫のラインまではいくだろうということです。個人的な予想ですが・・・


四角で囲ったところが三尊に見えると思うんですがどうでしょう。三尊だとしたら抜けているのでネックラインへのリテストが入って三尊の値幅分の下落があるとしたら、紫の一波の値幅を移動したラインは超えてチャネルも超えるということなのかなと思っています。


下矢印は三波の暫定半値ラインです。今後の動きによって来週書き直します。


いやー予想通りに動いたら面白そうですね。過去チャートでの検証はいくらでもできるんですが、生きているチャートは難易度高いのでこの予想が当たれば、すごく自信がつきますしこのパターンの信頼度が増すでしょう。


これパターンを見るとすんなり下がるのではなく、その中で上昇が数度あるのでその上昇に惑わされて今まではビビ利食いしたりしていたんだなと思いました。今日のニュードルもまさにそれですね。いやーやっぱり勉強を自分でブツブツ独り言でするんでなく、きちんと考えながら文にして整理するってのは大事ですね。


うーん、今週はすごくレベルアップしたと思うなぁ。以前含み損はあるが、楽しかった一週間でした。

11/16 トレードノート

今日は個人的には休日なので、朝から出かけていました。良い買い物ができて気分は良かったんですが、キュードルがもったいなさ過ぎた・・・




〇の地点は反応していたラインとの接点だったので、見た段階でエントリーしてました。
これは失敗ですね。ラインタッチでグググッと下がって長いひげが出れば効果があると思えるんですが、そうならずドンドン上に行ってしまった。ただ長い足でみると完全にダウントレンドかつ調整波のフラッグ抜けがあるので、また下がるだろうと思えてるのとユーロ関係で吹っ切れていたので持っていたら安値まで行きさらに更新したのでヨッシャと思っていました。


予想では今日の朝の指標で動き出すかなと思ったら残念。あまり動かず午後になるとドル円の下げで上がってしまいあーあと思い決済してしまった。夕方になると上げたはずのものが動き出して結局目標としているところまで落ちてこの記事のの時はそこで反発。


チャートって大きく見ると正直にうごくなと感心と予想できているのにきっちり取れなかったことの後悔で今書いてます。


左矢印の線は一波と同じ値幅でコピーした線なのでチャートが動く前にすでに引いてあったやつです。ほんとにすごいですよね。では二日分のトレードノートとして


ニュードル 利確
ユロ円 利確と含み損
ユロドル 含み損

チャートパターン勉強2


前回は5波形成する波でしたが、今回は3波のパターンを見ていきます。


MAは長期も短期もDCのままで調整の2波まできました。2波が1波の半値で反応して3波目に移行しました。目標はチャネルタッチ or 1波の値幅分 フィボの150%くらいまで、今回も到達して反転し始めました。


いつも通り今度は3波の半値で待機なんですが、その前にチャネルを抜けてしまいました。ということで一連の波はここで終了。


次はチャネルの半値で待機、まだラス戻りを抜いていないので下目線ですが、波が3波構成だったことから下への力は5波形成より弱いと考えるべきなんでしょうね。チャネルの半値で反応したのでショートを打ちますが、建値決済にでしょう。30ピップスほど動いているので、損切は建値まで下げているので損はしないと思います。


3波の半値への反応がチャネルの外だと弱い波だと考えられる可能性がありますね。
ただ3波は取れるので利益にはなるでしょうね。


チャネルの半値を抜いたことで、上昇のチャネルが引けるようになるので、ラス戻りを抜いていないが、根拠の薄いところでショートするとケガするのが良くわかります。ラス戻り辺りでショートする人多そうですもんね。上昇の3波中ということは強い波なので簡単に抜かれたんでしょう。


こうやって文にすると理解度が深まり良いですね。

チャートパターン勉強1

トレードにいかすために実際に文にして記憶に残したいと思います。

第一波がラス押しを抜けて出ました。MAは長期は横からやや下へ、短期は上から下へ


第二波の調整が出たら第一波の半値にとりあえず水平ラインを引く、調整波が半値に近づくころに短期MAがDC、長期はGCだが乖離が小さいかつ横からやや下のまま。


第三波の半値で反応かつラス押しがレジスタンスになっているという根拠の元ショート、目標はまずは直近の安値。抜けたら半値で反応なので150%まで、あとはオーバーなので過去のチャートを見ながら判断。


第三波が安値を抜けた時点で切り下げラインがトレンドラインに昇格。安値に平行移動してチャネル形成。第三波の目標をチャネルに当たるまでとみても良い。


第三波がチャネルにタッチ OR 切り返しを見せたら調整の第四波を第三波の半値まで待つ。第四波がチャネルにタッチして髭を出したりしたら第五波でショート、目標は直近安値。チャネルを抜けてきたので利確。


第五波が安値に届かなかったことで切り上げのダブルボトム。トレンド転換と判断はまだできない。


チャネルを抜けてしまったことと第五波が安値を抜けなかったことで、このチャネルの波は終了。この波を一連の波としてその半値にラインを引いて待機。


第一波の終点と大きな波の半値がレジスタンスとしてその後反応。ラス戻りを抜けていないので下目線は継続。チャネル内の切り上げダブルボトムの切り上げラインと半値のレジスタンスラインで揉みあいだが、基本的には下方向で取っていけばよい。


このパターンだとこんな感じですかね。今週習ったことをまとめてみました。